読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吃音の緩和に有効では?ソーシャルベルカント


吃音の緩和に有効では?ソーシャルベルカント

 

 

☆開催する場合の内容の一例

 

一月      


ヴォイスセミナー …ソーシャルベルカント会話法の習得


言語訓練…言語聴覚士
ヴォイストレーニング…声楽家
ロールプレイング…販売士



イメージサロン…ソーシャルベルカント会話法の実践


テーマ…新春
イメージ…新鮮さ 華麗さ 幸運の祈り
ミュージック…ウィンナワルツ 箏曲
アロマ…ベルガモット&アトラスシダーウッド
フラワー…水仙 (白と金)
ティー…レモンバーベナ&緑茶

 

 

☆ソーシャルベルカントへの構想

ソーシャルベルカントは吃音に有効ではないのか、個人的には試してみたいと考えています。とは言え、その道の専門家でも何でもない私だから、吃音に効果がある等と断定する訳では決してありません。

ただ滑舌が悪くて悩んで来た人や、心理的な意味合いで人と接する場面が苦手だった人が、ソーシャルベルカントを知って実践し始めてから、両方が同時に解決してしまうという実例は世の中にいくらでも存在します。

つまり、驚く程に滑らかに話が出来る人間へと変身を遂げ、人と向き合って会話する場面が大の得意になるばかりか、そうした行為に心の底から幸せを覚える様になる、という訳です。

勿論、ソーシャルベルカントという言葉は私による造語ですから、その言葉が未だ存在しない時代に、無意識の内にその言葉が意味する発声法を実践した結果、という意味の話ではありますが…

ましてや単なる滑舌の悪さと吃音を混同して、だからソーシャルベルカントが吃音にも有効ではないかと考えるのは、飛躍のし過ぎと言われる可能性もあります。

ただ吃音への効果は無いかも知れないけれども、もしかしたら有るかも知れないというのであれば、ソーシャルベルカントをお試しする価値は絶対にありますよね。

事実、リズムに乗る話し方や抑揚のある話し方が吃音の緩和に効果的であるという専門家の話を聞くと、これはもうソーシャルベルカント会話法の出番以外の何物でもありませんし、総合的な取り組みが吃音治療の主流であるという専門家の話に対しては、これもソーシャルベルカント企画が最適という気がしてなりません。

しかもソーシャルベルカントプロジェクトは、うんざりする様な無味乾燥な取り組みではなく、うっとりと夢見心地で出来る取り組みなのですから…

関心をお持ちの方は是非ともご連絡下さい。ソーシャルベルカントプロジェクトでは、皆様のお声を心よりお待ち申し上げております。